その輝きの意味

今日でこのブログ初めて1年。

数年前、仕事で薄毛の人向けのサイトの記事広告を書いたことがある。

『最近、高校の同窓会に行った。10年ぶりに会うクラスメイトは、結婚したヤツや起業したヤツ、離婚したヤツなど、皆変わっていて、10年の月日の長さに驚いた。私は未だに結婚もせず、うだつが上がらない会社での営業成績を思い出し、「高校生の頃は輝いていたな」としみじみと思った。
当時の私はサッカー部のキャプテンで、クラスでも目立つ存在だった。正直女の子にもモテた。本当にあの頃は輝いていたと思う。
10年ぶりに会うクラスメイトは次々に私に「元気だった?」、「結婚しているの?」、「どこに勤めてるの?」など他愛のないことを話しかけてきた。今でも、目立つ存在なんだと実感した。ただ、気になるのは皆かならず、私と話す時に私の頭をチラッと見ることだった。ただ、その原因はわかっていた。10年の月日がたった今でも私が輝いているからだ。ただし、高校時代とは違う意味での輝き。そう、頭だ』
(※当時のデータがないので思い出しながら書いてみました)

結構長い、育毛剤か何かの商品紹介の記事広告だったので、上記の部分が導入部になる。我ながら面白いと思った。(文章が上手い、下手はおいといて)。ただ、光の速さでボツをくらった。

当時はこんな面白いのなぜボツに、と思ったが、今思い出して書いてみると、まったく面白くなくて驚いた。

さらに、コレがボツになったのは、面白いとかつまらないのレベル以前に読んだ人が不快になるからだ。

これを面白いと思っていた自分が恥ずかしい。

昔を思い出すと恥ずかしいことばかりだ。数年前でコレくらい恥ずかしいのだから、30年前を思い出すともっと恥ずかしい。あ、でも30年前、まだ俺生まれてないや。テヘッ!

いまのギャグは今日中に、恥ずかしくなると思う。


010

実験だぞだぞ011

実験だぞだぞ011実験だぞだぞ011実験だぞだぞ011実験だぞだぞ011実験だぞだぞ011実験だぞだぞ011実験だぞだぞ011実験だぞだぞ011実験だぞだぞ011。 ......
noimage

実験ですよ444

実験ですよ444実験ですよ444実験ですよ444実験ですよ444実験ですよ444実験ですよ444実験ですよ444実験ですよ444実験ですよ444実験ですよ444実験ですよ444実験......