ゴミの絵

世の中「エコ」らしい。

ナポリのゴミ問題の記事をたまたま読んだ。

それで、小学校の中学年の頃にゴミ処理場に見学に行ったことを思い出した。

ゴミ処理場はとてもキレイで、クレーンでゴミを焼却炉に入れていく工程などに小学生の僕は感動を覚えた。

その直後くらいに、校内で絵画コンクールがあった。
題材は自由で何を描いても良かった。

僕は迷わず、ゴミ収集車から捨てられたゴミをクレーンが焼却炉に入れていく所を描くことに決めた。

今では考えられないが、当時は絵を描くことが好きで、その絵も熱中して描いた。

出来上がりは自分では納得のいくものだった。

1カ月後、絵画コンクールの結果が発表された。

結果は佳作だった。金賞、銀賞と来て3番目が佳作だ。
まぁ、しょうがないな、と思って金賞がどんな絵を描いているのかと見てみると「お花畑の絵」だった。銀賞は「水田の絵」だった。

で、3番目が「ゴミの絵」だ。

当時、子供ながらに「金賞」「銀賞」と言う賞の順位以上に、絶対的な何かを負けている気がした。

それを思い出し、また、ゴミ処理場に見学に行きたいと思った。


20140207

実験ですよ009

実験ですよ009実験ですよ009実験ですよ009実験ですよ009。 実験ですよ009実験ですよ009実験ですよ009実験ですよ009実験ですよ009実験ですよ009実験ですよ00......
001photo

実験ですよ888

実験ですよ888実験ですよ888実験ですよ888 実験ですよ888実験ですよ888実験ですよ888実験ですよ888実験ですよ888実験ですよ888 実験ですよ888実験です......